改めてアフィリエイトとは?SEO対策とは?

改めてアフィリエイトとは?SEO対策とは?

 

ツールを活用しながら、アフィリエイト初心者におすすめの具体的な方法を解説

 

アフィリエイト初心者 SEO対策 ツール

 

改めてアフィリエイトとは?SEO対策とは?を確認しておきます。

 

アフィリエイトとは、商品(物品やサービス)を売りたい人(会社)の代わりに商品を紹介して
買いたい人を見付けるビジネスです。

 

「買いたい人」を見付けるには、まず「商品に興味のある人」をサイトに集めることです。
商品に興味がない人にいくら商品を紹介しても割に合わないからです。

 

では「商品に興味のある人」をどのように集めたらいいでしょうか?

 

商品に興味のある人を集めるには、「商品に興味のある人」が検索エンジンで入力しそうな「キーワードを見極めて」
その「キーワード」の検索結果ページの上位に表示されるよにするのが「SEO対策」です。

 

売れる商品を売る
アフィリエイターは商品を自由に選べますので、
売れない商品を無理して売ることはありません。

 

商材の選び方はCOMPASSの付録にも付いていますが、単価の高い商品を売るです。
高くても安くても労力は同じように必要だからです。

 

「商品に興味のある人」が検索エンジンで入力するキーワードは
難しく考える必要はなく、ご自身の経験で考えてみればいいのです。

 

商品に興味があり調べたくなったら「商品名」を入力して調べないでしょうか?

 

「商品に興味のある人」を集めるには、検索エンジンで「商品名」を入力した人を集めるのです。

 

どうせなら興味があるだけでなく、口コミが気になる、価格を調べているなど、購入に近い人を集めます。

 

 

購入を決めていて、あとは価格が気になる人には「商品名 価格」など、
「商品名」をベースにより成約に近いキーワードを狙ういます。

 

狙ったキーワードで検索結果の上位表示を狙う=SEO対策

 

ただライバルの狙う人気のキーワードは、競争も激しいので、
初心者の内は需要の大きい(検索数の多い)ビッグキーワードではなく、
ミドルキーワードやスモールキーワードを狙います。

 

需要(人気)<上位表示

 

ライバルの少ないスモールキーワードで上位表示を狙うべきだからです。

 

というのも検索結果の1ページ目に表示されるには10位まです。
11位以降は2ページ目以降に表示されても見てもらえないからです。

 

ビッグキーワードだからといって2ページ目以降に表示されては意味がありません。
どんな弱小のキーワードでもいいので、1ぺージ目を狙えるキーワードを狙うべきです。
さらにいうと1ページ目の上位5位以内を狙いします。
1ページ目の上位に表示されないとほとんど販売につながらないからです。

 

ビッグキーワードの30位よりスモール弱小キーワードの3位のほうが価値があります。
いわゆる「鶏口牛後」の考え方です。

 

 

ではどうやってライバルの多い少ないを見極めるかというと、COMPASSの出番です。
COMPASSはキーワードの選定をサポート、効率化してくれる便利なツールです。

 

COMPASSで勝てそうなキーワードを見極めたらSEO対策です。

 

SEO対策で必須と考えているのは下記です。

 

【必須】SEO対策
・独自ドメイン(サーバー)・・・無料ブログ不可。独自ドメインは必須。
・キーワード(タイトル)・・・タイトルにキーワードを含めるのが基本
・キーワードおよび共起語・・・SEO対策(Google対策にはCツールが有効)
・内部SEO・・・複数ページからメインページにリンクを送る構成

 

【次点】SEO対策
・中古ドメイン・・・新規でも上位表示可能
・被リンク・・・まずは内部SEOから

 

SEO対策イコール、ほばGoogle対策です。
YahooもGoogleの検索エンジンを使っていますので、Google対策をすることで検索エンジンのかなりの範囲をカバーできます。

 

Googleとしては検索した人が求めているサイトが上位表示されることを目指しています。
そのため、アルゴリズムというプログラムで、検索した人が求めているサイトが上位表示されるよう、
日々ロボットが巡回してランク付けをしています。

 

アルゴリズムの中身は公開されていないため不明ですが、
【必須】SEO対策 にあげた対策が効果的です。

 

Google対策をさらに、Google「対ロボット」対策と、「対人」対策に分けて考えます。

 

表示順位30位辺りまでは、共起語(キーワードと一緒に使用される傾向にある用語)
を盛り込んだある程度文章量のある複数構成のサイトをアップすれば上位表示できます。

 

この段階ではGoogleのロボットが判断していので、
「共起語文章作成ソフト@Cワード」が有効です。

 

Cワードで作成した文章は、一見ちゃんとした文章ですが、共起語を盛り込んだだけで中身のない文章です。
それでもGoogleのロボットは中身までは判断できないため、
共起語があることと文章量が多いことでユーザーが求めているサイトと判断し上位表示させるわけです。

 

30位以内にあると、徐々に実際にサイトを読まれることが増えてきますので、
「対人」対策のため文章をリライトします。

 

文章はある程度のボリュームがあり、検索ユーザーが求めている答えが書かれているかが
上位表示される判断基準になってきます。


これからアフィリエイトで稼げるようになるのは難しい?

アフィリエイトで稼げるようになるには年々難しくなっており、
アフィリエイトを始めたものの、まったく稼げていないか、5,000円も稼げていない人が多いとよく言われます。

 

実際、書籍の情報通りに単に案件を紹介するだけではよほど運がないと稼ぐことは難しいでしょう。

 

そのため「アフィリエイトは簡単に稼げない。稼げるようになるには、練習の意味でもまず100サイト作ってから。」
といった意見をよく見かけます。

 

100サイトというのは、アフィリエイトの手法の中でも初心者向きと言われるペラサイト(通常1ページ若しくは数ページのサイトこと)
の手法で100サイト量産することです。

 

確かに実践することで気付きを得られますので、実践は、とても大切です。
100サイトも作れば偶然にヒットする可能性も、試行錯誤しながらノウハウが身につけば、稼げるようになる可能性もあります。

 

ただ方向性が間違っていると、いつまでもゴールに辿り着けない可能性もまたあります。

 

一見稼げそうに見えながら、初心者が絶対に手を出してはいけないジャンルなど、
事前に知っていれば無用なトラップを避けることもできます。

 

また100サイトとなると、成果が出るまで数ヶ月も掛かりますので、
たとえ正しい方向だとしても不安から迷って方法を変えたり、
心が折れて途中で挫折する恐れもあります。

ではどうすれば?初心者がアフィリエイトで稼げるようになるステップ

初心者がアフィリエイトで稼げるようになるには、どうすればいのでしょう?

 

それには、
@正しいやり方で実践する。
A中間目標、マイルストーンを定める。
B効率よく実践してPDACを回しながららスキルを高める。
といったことが必要ではないでしょうか。

 

@正しいやり方で実践する。
アフィリエイトの手法にもいろいろありますが、初心者向きなのは、ペラサイト量産型のアフィリエイト手法です。

 

※なお、ペラサイは一般的に1ページのサイトのことをいいますが、
当サイトでは純粋に1ページではなく、複数ページで構成する手法をご案内します。

 

なぜペラサイトが初心者向きかというと、下記のようなメリットがあります。
・1ページから数ページのサイト作成のため、サイト設計・構成などのスキルは不要。
・難しいSEO対策やキーワード選定に悩まなくても、「商標キーワード」をベースに実践しやすい。
・1ページから数ページのサイト作成のため、サイト作成が簡単に早く可能。
・比較的簡単に実践できるため、結果や成果も早く確認できる。
・ペラサイトなので失敗した場合のロスやリスクが少ない。

 

以上のような理由から初心者の場合、ペラサイトでアフィリエイトをスタートするのがおすすめです。
ペラサイトでSEOやキーワード選定、サイト作成のスキルやノウハウを高めて次のステップ(ミニサイトや特化型サイト)に進むのです。

 

例えば、特化型のサイトを初心者の方がいきなり始めるのは無理があります。
本来であれば、Googleが上位表示させるサイトの傾向からいって、あるテーマに特化した特化型のサイトを構築して
安定して稼げるようになるのが理想ですが、それにはコンテンツ力やサイト設計など様々がスキルが必要です。
仮に数十ページから数百ページの特化型サイトを構築できたとして、成果があがらなければ費やした時間はかなりのロスになります。

 

雑記型のブログでアフィリエイトをするのは、芸能人でもなければアクセスを集めるのが難しく、無理があります。

 

サイトやブログでなくSNS経由で集客する場合も、独自のノウハウが必要です。
アクセスが集まっても成約につながらないアクセスでは遠回りになります。

 

やはり初心者向きなのは、ペラサイト量産型のアフィリエイト手法です。

 

A中間目標、マイルストーンを定める。
ペラサイト手法のアフィリエイトは初心が始めやすい簡単な手法ですが、
さらに簡単に実践できる方法をご紹介します。

 

ツールを組み合わせることでかなり効率的に成果につなげることができ、
2021年現在でも効果を実証済みです。

 

ただし、いわゆるブラックハットSEOを取り入れた手法のためデメリットもありますので、その点は注意が必要です。
ただ、ペラサイト自体ブラックのようなものですし、今のところペナルティ的なことも受けていませんので
あまり過敏にならなくてもいいかと思います。
リスク分散のためのペラサイトともいえます。

 

B効率よく実践してPDACを回しながららスキルを高める。
この手法はがいいなと思った方は、あとはいち早く実践するのみです。
効率化したり成約率を高めるべく考えられた手法ですが、絶対はありません。
完全な再現は出来ないので最終的にはご自身で確かめて頂くしかないからです。

 

そして、ペラサイトスキルやノウハウを高めて次のステップである、ミニサイトや特化型サイトの手法に進むのです。

 

アフィリエイトは難しくなったといっても、こんなに簡単で稼げる可能性のあるビジネスはありません。
資金もスキルもなくても誰でも始められますし、お店の出店に比べたらリスクも微々たるものです。

 

簡単だからと言って安易に始めて情報収集や工夫もしていない人はさすがに稼げませんが、
このサイトにたどり着いたあなたのように、アフィリエイトの手法やツールを見極めている人は稼げるようになる可能性が高いです。
あとは実践あるのみです。